HOME » 中古vs新品 医療機器の価格比較

中古vs新品 医療機器の価格比較

ほぼ同じ機能を有する新品と中古品の医療機器を価格で比較してまとめています。

どれだけ安い?中古医療機器の価格徹底リサーチ

使用状況によりますが、中古品の価格は2~5年の商品で約3割安、5~10年だと半値にまで値崩れするようです。

医療機器は安全性や操作性、医療ミスなどのリスクを防ぐためにも最新式の機器を使ったほうがよい場合もあります。

しかし汎用品の医療機器であれば、少し型が古くても新品と性能に違いがほとんどないため、あらゆる医療機関で利用されているのが現状です。

最先端の医療機器を備えた大学病院や総合病院などでも、中古の医療機器を購入して診療に活用しているケースは多くあります。

極論でいえば、新品で購入しても一度使ってしまえば、中古品になるわけですから、開業しているすべての医療機関で使っている医療機器もすべて中古品とも言えるのです。

予算に限りがある個人経営の診療所(クリニック)や病院・接骨院・動物病院・介護施設であれば、なおさら中古医療機器の活用範囲は広がり、主要機器を除けばほとんど中古機器という医療機関も中にはあります。

診療所や眼科など医療機関の種別ごとに、具体的にどんな医療機器が中古で購入されているのか、価格も含めて紹介していきます。