HOME » 本当に大丈夫?中古医療機器を検証 » サポートは行っているのか?

サポートは行っているのか?

中古医療機器購入後のサポート・保証体制について解説しています。

医療機器購入後のサポート・保証体制とは

いくら安く購入しても、すぐに故障したり頻繁に修理となれば、かえって新品よりも高くつく場合もあります。

中古である以上、メーカーが無償で保証するということは基本的にはありません(ただし、以下に述べるように一部のメーカーでは無償保証のある中古医療機器もあります)。

こうならないためにも、動作保証やメンテナンスなどサポート体制がしっかりしている業者から医療機器を購入するよう、事前に確認することも大切です。

メーカーによる保証

一部のメーカー・医療機器には無償あるいは有償で保証体制が付いている中古品もあります。

例えば、メーカーが展示会用に使っていた機器を中古販売業者に卸している場合、あるいは「認定中古機」が出回ることもあります。

このような品であれば、無償保証期間が設けられていることも多いようです。

また、新品・中古品を問わずメーカーは自社製品の品質には責任を持たなければなりません。

2005年の薬事法改正以降、販売業者にはメーカーに通知することが義務づけられています。

なので、不具合等が生じた場合は、点検報告書があれば有償でも必ず修理やメンテナンスには応じてくれます

販売業者による保証

メーカーだけでなく、販売業者でも医療機器の保証体制を設けているところもあります。

中古医療機器を購入する際は、業者に無償保証の有無を確かめておきましょう。

期間は業者によってまちまちですが、最長1年、無償で「修理保証」「返品保証」が受けられる保証体制を整えた会社もあります。

使用頻度が低い機器を買うこともあるでしょうが、そのときも無償の保証期間が終わる前に正常に稼動するかどうかのチェックをしておくと安心ですよ。